楽々美容~エステ・化粧品口コミ~

知らないと肌老化の原因に!紫外線が弱い時期もUVケアが必要な理由

この記事は1分で読めます

肌の老化の外的要因第一位は紫外線です。

紫外線は『死害線』言われるほど、美容の視点から言うと『百害あって一利なし』なものです。

普段あまり、スキンケアに時間をかけない方も、紫外線が強くなる初夏~晩夏は紫外線対策をすると思います。

しかし、紫外線が比較的弱い秋、冬、初春に油断したり、面倒くさがったりして、UVケアを怠ると、肌の老化は急激に加速します。(これは本当に本当に本当です)

『紫外線は365日、曇りや雨でも天気に関係なく降り注いでいます』という言葉は昨今よく耳にしますが、紫外線が弱まる季節もUVケアを怠ってはいけない理由はそれだけではありません。

紫外線が弱まる時期(秋、冬、初春)は肌の機能も弱まっている時期なので、UVケアをしっかりしないと、紫外線が弱くて、少なくても紫外線を浴びることで肌ダメージが大きくなってしまうのです。

具体的には・・・

・秋(10月~11月頃)→この時期、おはだは夏の強い紫外線、湿度、汗、などの影響で肌はダメージを受けています。またこの時期は気温、湿度ともに急に下がるため、肌のバリア機能が働きづらくなります。その結果、急激な外気の変化に肌機能がついていけない時期です。

・冬(12月~3月上旬)→気温、湿度ともに低く、室内は暖房が入るため、肌の水分がどんどん奪われる時期です。また、寒さによって血行が悪くなり、毛細血管の働きが鈍くなるため、肌が栄養を吸収しづらいでもあります。さらに2月下旬からは花粉、黄砂、ほこりが飛び始めて肌が敏感になったり、揺らぎ状態になりやすく、バリア機能も弱る時期です。

紫外線が強い時期だけ一生懸命UVケアをしても、肌機能が弱い時期に油断してしまうことで『きちんとUVクリームを塗っているのに日焼けする』と感じたり、秋になったときに年間通してUVケアをしている人に比べて、肌落ちが急速に進み、どーんと老化が進んでしまうという可能性がかなり高まります。

1年通してUVケアを取り入れるだけで、肌老化の速度をゆっくりにできるのです。

そう考えると、365日UVケアをすることは『楽々美容』になりますね。

 

 

あわせて読みたい

  1. 桜

カテゴリー記事

RETURN TOP